FC2ブログ

よくばり庵

大学院、修士論文、仕事、いつかは起業!とそれなりに女子、の両立を目指しつつ、人生に日々もがく三十路女子の記録。

貯金で生きちゃだめ。


うちの父親は60歳を過ぎてもそのまま、いままで働いていた会社の
最前線(だと思う)で働いているのですが、
お客さんや会社の同僚から 「Nさんは今までの貯金で仕事しているね」
と言われるそうです。

でも、40年も働いてきて、もう貯金でいいじゃないの!
と、娘としては思うわけです。
若いころはいろいろなやり方でお客様との関係を築こうとしたそう。
(・・・と昔聞いたことがある。そのときは「はいはい」と思っていたけど、
自分がこうやって働くようになってすごさが分かります)

じゃあムスメはどうかというと、まだまだいろんなものをストックしなければ
いけない年齢なわけで、(義理の息子もね!)
いままでの経験とかってまったくもって大したことないので
もっといろいろと貯金して、「あの頃頑張ったから今があるんだ」と
本当に思えるような頑張りをしなければと思う、今日この頃。

父と母のありがたさやすごさが、最近になってしみじみ・・・。
大人になってきたねー。(30にもなって言うか、、、)

と、いうわけで両親にお中元を贈りました。
栗水ようかん。
母から電話があって、「これ以上太らせないで」 って。。。
それはようかんの有無にかかわらないのでは、お母さん(笑)。



    2009/07/02(木) 22:25:57| ひとりごと/勉強法/おしごと