FC2ブログ

よくばり庵

大学院、修士論文、仕事、いつかは起業!とそれなりに女子、の両立を目指しつつ、人生に日々もがく三十路女子の記録。

なにもない、ほんとうに何もない怖さ。


このところ、不安な気持ちを感じる今日この頃。
社会人として「自分には何もない」とひしと感じるというか。
能力とまで言うに及ばず、慣れている仕事が出来たとしても、
別にそれは日常のことであり。
(といっても、所定の手続きをミスなく進められるのも大事)

5年くらい前、ベンチャー企業で働いていたときに社長から
「作業ではなく仕事をしろ」みたいなことをよく言われました。
作業ではなくて、ビジネスをしろと。
そして、二度と同じことをするな、いかに効率化できることを効率化し、
同じことを2回しないような仕組みを考えろと。

いまでも毎日、会社や出先から帰る時に
今日私は「仕事」したか?っていうことをちらと考えます。
作業をするために、会社は私を雇っているわけではないと思うし、
期待に(されてないでしょうけど)応えないとと思ったり、、
何でしょうね~、もやもやと。

お友だちが降りかかる膨大な仕事をこなしているのを見ると
ああ~、私はこんなんで良いのだろうかと思ったり、、。
きっと皆それぞれ悩みはあるのでしょうけどね。

いろいろ悩むってことは、前に進もうとしている自分の意思の表れと
思うことにします。
うーん、うーん。。。


    2009/07/05(日) 23:15:00| ひとりごと/勉強法/おしごと