FC2ブログ

よくばり庵

大学院、修士論文、仕事、いつかは起業!とそれなりに女子、の両立を目指しつつ、人生に日々もがく三十路女子の記録。

『ボタンの周りを拭く人』


以前働いていた会社の同僚に対して、
『押さなきゃいけないボタンがそこにあるのに、
いつもボタンの周りをピカピカに拭いている気がする』
と、感想を述べた(偉そうに指摘した?)ことがあります。

つまり本丸の、ダイレクトに働きかけなければいけないところは
明らかに見えているのにそこに対しての働きかけをせず、
周辺のこまごまとしたことをして時間を過ごして、
自分を納得させているのではないか? という問題提起。

ではここ数年の自分はどうなのか? と思って、
本当にやりたいことや目標があるはずなのに
『まあそれは無理だろう』 と勝手に決めて、周りを羨んだり
自分がいま生きているフィールド内の最上位を目指そうとしたり
していなかっただろうか、、、とちょっと考えます。

もちろん足元の取り組まねばならない課題に対して、
気力体力を尽くして頑張ることも必要だけれど、
それが私の人生の最終目標(何なんだ?)に対する
十分条件に貢献しているかと言うと必ずしもそうとは言い切れない気がする。

リスクをとって、もっとジャンプだ!!!

ジャンプ!



    2009/07/26(日) 13:45:54| ひとりごと/勉強法/おしごと