FC2ブログ

よくばり庵

大学院、修士論文、仕事、いつかは起業!とそれなりに女子、の両立を目指しつつ、人生に日々もがく三十路女子の記録。

エッセイとインタビュー。

エッセイの英訳をしているのですが、
とにかく自分の書いている英語が単語の羅列で、
意味の通る文章なのか客観的に見られなくて
ホント、なんでこれまでここまで書いてこなかったんだろうと
どんよりしております!
でもめげないわよ!! とにかく素晴らしい、自分で納得のいく
エッセイを仕上げるために、何でもします!(自分の努力以外何が?)

MBAを志そうと決めたその2日後くらいにこんな本を買ってます。
っていうか、高い~!!完全に足元見られてます。

留学入試エッセー 文系編 (留学応援シリーズ)留学入試エッセー 文系編 (留学応援シリーズ)
(2009/07)
アルク入試エッセー研究会

商品詳細を見る


これを見ると、素晴らしいエッセイを書くためにくぐり抜けなければならない
ステップというか参入障壁みたいなものが多すぎて、
皆同じようなエッセイになってしまうのではないかしらと心配になります。
でも、結局の落としどころは 『自分らしさを出す』 ってことなのね。
ただちょっと残念なのは、短大留学とか学部留学、さらには政治や芸術といった
幅広い入試エッセーを取り扱っているので、ちょっと30歳のビジネス経験者が
書くと薄っぺらい感じになってしまうものも入っているところ。
そうはいってもMBA専用の本だと1冊の単価がもっと上がってしまうのかな。

巻末の方には実際のエッセイ事例なども載っているし、
それなりに参考にはなる本です。
でも(あたりまえですが)本に出てくる人はみんな合格しているわけで
なんだかうらやましくなるっていう。。。 私も頑張らなきゃ!

あと、私にとってのもう一つの課題はインタビュー!
まず英語の早口の質問を聞き取れるか。
そして、impressiveな回答がスムーズにできるか。
英会話って筋トレみたいなものですよねー。
毎日やって、少しずつ成果が出て行くのではないかと。
とにかく続けること!まずは、合格するその日まで!

来週はいろいろと慌ただしいですが、プラスα!

結婚5年めに突入の、結婚記念日であります。

誰も関心ないと思いますが(笑)振り返ると、

1.世話好きのおじさん同僚の紹介で、同じ外資系銀行のスタッフ同士知り合う。
2.ダンナの転勤に伴い(当時向こうは大阪勤務)交際3ヶ月で結婚。(思い切りがいいのよ!)
3.練馬区の水色のマンションで新婚生活。
4.ダンナが1年間会社を辞め、USCPAの受験生になる。無事合格。こちらは職を移る。さらに区内で引っ越し。
5.無事に資格を引っさげて(?)転職したダンナと一生懸命働く。(ここで中央区に引っ越し)
6.またしてもダンナの仕事の関係で、妻は海外MBAに向けて急に準備開始。


4年間で起こったこととは思えない濃さですね!
5年めもまだまだ盛り上がりそうな予感!頑張れ!私とダンナ!(笑)


↑ランキングクリック頂けたら嬉しいです。

    2009/09/06(日) 23:53:46| MBA準備/GMAT
  1. | コメント:2
<<今日やったことの記録。 | ホーム | 今日の進捗。>>

コメント

Essayは・・・

どうもです。
Essayは英語の流暢さよりも英語のEssay
特有の論理構成方法と内容のわかりやすさが
相当重要なようです。
英語の奇麗さはネイティブチェックでなんとでも
なるので、中身を詰めに詰めるのが大事かも
しれないですね。
これは受け売りですが、MITがSTAR Methodと
言うのを提唱しています。
http://web.mit.edu/career/www/guide/star.html
エッセーはこう書け!みたいなやつです。
ご参考になれば・・・。
  1. 2009/09/07(月) 00:50:36 |
  2. URL |
  3. ゆーた #-
  4. [ 編集]

ゆーたさん、
コメントありがとうございます♪
なるほど、論理構成は確かに大切ですね。
結局のところ、howよりwhat、でも最後はhowもチェック、
という感じなのでしょうか。。。
またまた素敵な情報ありがとうございます。
ぜひ見てみますね。
  1. 2009/09/08(火) 00:15:47 |
  2. URL |
  3. mika #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する