FC2ブログ

よくばり庵

大学院、修士論文、仕事、いつかは起業!とそれなりに女子、の両立を目指しつつ、人生に日々もがく三十路女子の記録。

勉強と私。(高校編)

入りたかった高校に入学し、妙にモチベーションの高かった私は
次なる目標を設定することに。
何故かその頃、ものすごくあこがれたのが横浜国立大学。
「あすなろ白書」で見た俳優の西島秀俊が卒業生だから。←アホです。
それになんか、大学の名前もかっこいいじゃないですか!

ということで、横国を第一志望に次なる計画を練ることに。
とりあえず始めたのは、進研ゼミ高校講座。
今はなんていうのかな?当時は encourage みたいな教材名でした。

でも、なんかすごく難しかった…。
ということでやる気沈没。(早すぎる!!) 
国立大への意欲もしぼむ。
入学してすぐの数学のテストでは320人中301位。
バンド活動に没頭して、定期テストもあんまり頑張らない。
生物が必修だったけど、無意味に覚える作業が苦痛。
高校2年では化学で赤点すれすれを取る。
世界史は好きだけど日本史は嫌い。
現代文は好きだけど漢文は嫌い。
英文法なんて、勉強する意味がわからない。 などなど・・・。

けれども浪人して大学に行く気は全くなかったので、
すぐに切り替えて予備校選びを開始。こういうところは早いです。
そこで考えたのは、
高校1年では夏季講習と冬期講習だけ行く。(しかも英語と古文のみ)
高校2年では英語だけ週2回と夏季・冬期講習に行く。
高校3年では英語・現代文・古文・漢文とみっちり行く。

ここで、ちょっときっかけを貰う。
高校2年の時に通っていた予備校で「ロイヤル英文法」の存在を知る。
高校3年の時に通っていた予備校で「速読」の考え方を知る。

高3の時に通っていた予備校はやたらと英語に力を入れていて、
早稲田を目指していた私にとってはちょっとノリが違うかなあと思いつつも、
めっちゃ厳しい先生のクラスを取ってしまう。
ここでもやっぱりマゾな先生だった!
質問をして答えられないと鼻で笑われる、みたいな。
「そんなんでよく大学受けますね」くらいのノリ。
速読はすごく厳しかったけれど、TOEICの時に今役に立ってます。
横山先生、ありがとうございます。

ちなみに現代文の先生もすごい怖かった…。
でも合格したときに、「1年間よく付いてきましたね」といわれて涙…。
私ってMなんですねえ・・・。(納得するな!)


とにかくとにかく、現役で合格したかったので第一志望に絞ってみっちり勉強。
無事に合格することができました。

ここで振り返る【合格の要因】

「浪人なんてダメ!落ちたら高卒で市役所に勤めろ」と親から脅されていた。
とにかく早稲田に行きたかったので(今思うとなぜ?)対策を練りまくった。
試験に出る英単語をマスターしたら、急に英文が読めるようになった。
世界史の勉強の一環で、NHK「映像の世紀」を見まくった。
「問題を見下ろす」感覚を教わった。

問題を見下ろすっていうのは、「この問題難しかったらどうしよう、
解けないんじゃないだろうか…」っていう不安を持ったまま問題を解いても
出来るものも出来ないっていう話。
「これだけ自分はやってきたんだから、どれどれ、ちゃっちゃと料理するぞ!」
みたいな気持ちで問題に向かいましょう、という考え方です。
(でもナメすぎると足元すくわれます)

そんなこんなで大学に入学しましたが、
「勉強と私。(大学編)」 を書こうとしても2行で終わりそうなくらい
本当に勉強しない4年間を過ごしました。
っていうか、何やってたんだろう…。

けれど持前の?火事場の馬鹿力というか、ハッタリでとりあえず就職。
またまた勉強しなければならない生活に突入、、、のはずが、、、。

「ランキングってどこ押せばいいの?」とよく聞かれます。

ココクリック、お願いします!人気ブログランキングへ

待たれよ、次号!!

    2008/08/07(木) 20:44:53| ひとりごと/勉強法/おしごと | トラックバック:0
  1. | コメント:2
<<リスニングの練習。 | ホーム | 勉強と私。(中学編)>>

コメント

mikaさんこんばんは。

高2でロイヤル英文法とかすごいですね。
僕なんて昨年ブックオフで入手したのに汗
しかもあんまり読んでない笑

横山先生ってロジリーで有名な先生ですか!?もしそうだったら、僕の通ってた予備校の講師陣にいたのでちょっと親近感です。
  1. 2008/08/07(木) 22:17:53 |
  2. URL |
  3. いくみ #-
  4. [ 編集]

いくみさん、
ロイヤル英文法を勧めてくれたのは、
今思えばちょっとレトロな感じの、変わった先生でしたよ。

そして横山先生はその横山先生だと思います。
私が当時通っていた予備校はもうなくなってしまったのですが、
今は東進の先生なのでしょうか?
すごく印象に残っている先生です。
親近感、嬉しいです☆
  1. 2008/08/07(木) 22:40:12 |
  2. URL |
  3. mika #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mikant.blog77.fc2.com/tb.php/47-0e8b83d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)