FC2ブログ

よくばり庵

大学院、修士論文、仕事、いつかは起業!とそれなりに女子、の両立を目指しつつ、人生に日々もがく三十路女子の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告

ウーマノミクスを考える。


会社を伸ばす「ウーマノミクス」 女性活用、市場も評価
人的資源の有効活用、企業業績にプラス
2011/4/24 14:58日本経済新聞 電子版

だそうです。
記事を読むと、女性役員の多い会社はROEが高いという話。
ダイバーシティを育む風土が、企業を活性化させて利益が出るのか?
まあ「ならされ女性役員」もいると思うし、一概には言えないけれど
一応データが出ているので(相関はあっても因果関係はかなり怪しい)、
そういうものなのだな、と思うことにします。
といっても、この記事にでてくる企業は全部日本企業の話であって
グローバルに見たらかなり違うと思うけれど。

ただこうした話題の時には大体言っているような気がするけれど
日本の場合は母集団(コミットメントの高い女性社員と定義)が
少ないのではないかと思う。
東京に暮らしているので比較的その数は多く感じるはずだけれど、
それでも全体的には少ない気がする。
さらに「仕事を真面目にきちんとやる」だけではなくて、
健全な野心を持って取り組んでいる女性となるともっと少なくなる。
↑ふと、自分がそうなのかも考え込む…。
ん?そうなると、じゃあ男性なら全員健全な野心を持って前のめりなのか?否。
かといって、じゃあ無理に女性の皆さん社会に出てきて頂戴、というのも
えらく急というか、身勝手な感じもするし。
とりあえず思うのは、最前線で前のめりでしかるべき能力のある女性に対して
フェアな評価をしてあげてください、ということでしょうか。

あとはちゃんと頑張れ、私!ってことで(笑)。

しかし、上でも書いたけれど、
「相関はあっても因果関係はあるかどうかわからない」ということについて
記事はあまり触れていないところが気に食わない。まいいけど。



    2011/04/24(日) 20:50:51| ひとりごと/勉強法/おしごと
  1. | コメント:0
<<また走り始めた。 | ホーム | 深夜にひとり笑う。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。