よくばり庵

大学院、修士論文、仕事、いつかは起業!とそれなりに女子、の両立を目指しつつ、人生に日々もがく三十路女子の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告

論文を書くための文献レビューの方法。


この間のエントリで、新堀先生の論文の書き方・考え方本を取り上げたのですが。
いま、私は文献レビューと奮闘している最中で、この作業も初めてかれこれ3週間ちょっと、
私なりのやり方がちょっとだけ決まってきたのでメモしておきます。
(このブログを読んでいただいている方の、どこまで有益な情報となりうるのかは無視して…)
↑っていうか、いつももなにか有益なのか?!と、ついツッコミ 笑

まず、さあ読むわよ!という文献を見つけたら(あ、この話は基本的に英語の論文についてです)
TitleとAbstractにさささっと目を通す。
正直言って、Abstractはそれこそ抽出されすぎていて分かりにくいこともあるので、
ここでは私はよほどハマってくれない限りは流します。

次に、論文の中にHypothesisとか、Figure、さらにTableがないかをみます(あるけど)。
その論文が何を仮説とおいて、どういうアウトラインで何を変数として書かれているかをチェック。
このときに、当該論文の仮説(Hypothesis)をすべてノートに書き写す。
Figureがあれば、できたらそれも書き写す。
→ここで、筆者の考え方に寄り添ってみたりcriticalに見てみたり…。

さらに自分の論文の中に入ってきそうな概念をきちんと定量的に測定できるかは大事なので、
Measuresをチェック。これは絶対に使えるはず!
→Measuresだけをまとめたノートを作りたいのだけれど、まだやってない~
さらにさらに、MeasuresのSample Questionがあればそれもチェック。
親切な論文はAppendixということで、質問項目をすべて列挙してくれている場合もあり!感謝。

正直言って、その仮説が証明されたかどうかはさておく感じ。
あとは余裕があれば?、Limitationを見ておく。
その研究でカバーしきれなかったところや、特殊条件など、今後の研究者のための
おいしい情報?が満載のコーナー(笑)。
もちろんLimitationのくせに、結局自分たちの研究すごいでしょ、みたいな場合もあります。
そういう場合は心のなかで絶賛します。ぱちぱち。

やっぱり手で書くのってすごく大事だと思う。
仮説や図をまとめるだけでも参考になるし、論文の筆者の考え方になんとなーーく
近づけたような妄想にもなるし→変態か!。

とりあえず、まだまだ論文を読まないといけないのだけれども
Measuresをまとめたノートはつくらねば…。
しかし大学4年生の自分に、今の姿を見せたいなー。なんとなく。
あの頃憧れていた32歳に私はなっているのかしら。
ええ、なってませんけどなにか?笑


    2011/08/23(火) 02:01:44| MBA修士論文
  1. | コメント:0
<<論文だって山あり谷あり。 | ホーム | アカデミアの香り。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。